Access Map

美容コラム②
(2015/11/27)

サロンドウェルネスのホームページをご覧いただきありがとうございます。

「腸」についてのお話し。いろんなところで見聞きする機会も増えました。腸内の細菌を増やすためには、乳酸菌や発酵食品が良いというのはもう常識といってもよいくらい、浸透しています。一日1個のヨーグルトを寝る前に食べると効果的ということですが・・・。

腸内細菌も自分に合うもの、合わないものもあるようです。自分にあう腸内細菌というのは実は遺伝的に受け継いでいる要素もあるようです。日本人には日本人に合った乳酸菌を増やすための発酵食品としては、昔からある味噌や糠漬け、納豆、麹などがマッチしているのではないかしら?昭和30年代ごろまでは食卓にはお味噌汁や漬物なんかが必ずあったはずですし、それを毎日食べていた今の70代以上には長生きの方も多いですよね。

また薬の服用、特に抗生物質は善玉菌を排除してしまうらしいですね・・・。

発酵食品に関しては、日本の食卓も豊かになったので、海外の発酵食品も簡単に手に入ります。キムチなどは今では日本でも作ってますし、様々な乳酸菌入りの食品や飲料もたくさんあります。。

腸が活発に働くのは副交感神経が優位なとき、つまり寝ている時なので、夕食には必ず1品、発酵食品を!

また自分の腸はどんな感じ?と思ったら、「におい」に注意してください。善玉菌が十分ですと排便のあとはほとんど無臭です。においが気になるような方は、積極的に発酵食品をとりましょう。またサプリメントなども最近ではいろいろ出ています。

食品やサプリメントが自分の体に合っている場合は、トイレのあとのにおいが気にならなくなりますよ!そうなってくると、お肌のトラブルも少なくなるでしょう。


Recent Post
Monthly Archive